ドライアイや疲れ目を回復し頭皮環境を改善
トップページ > ドライアイや疲れ目を回復し頭皮環境を改善

ドライアイや疲れ目を回復し頭皮環境を改善

2017年10月14日(土)10:46 PM

現代人は パソコンやスマートフォンなどの普及により目を酷使する環境にあります。長時間集中して近くを見続けていると目のピントを合わせている筋肉に疲労がたまり目が乾いて疲れてしまいます。目の疲れはひどくなると肩こりや頭痛などの原因となります。それは目を使いすぎることにより目の周りの筋肉や頭を支える筋肉が緊張し、これら筋肉の硬直は 頭皮も硬くすると言われています。頭皮が硬くなって血流が不十分となり そこに日頃の不摂生が加わると抜け毛や薄毛を招くとされています。

 ドライアイ(目の乾燥)や疲れ目(眼精疲労)を改善する上で パソコンやスマホを長時間見続けると目に負担をかけてしまうので 適度に休憩をとって目を休めることも大事ですが、肩 腕から首 頭へとマッサージし筋肉を優しくもみほぐすことで目も休まるので ストレッチで筋肉を動かすのも良いでしょう。

 また これから冬場の乾燥する時期は 目にも肌にも大敵であります。そこで 疲れ目やドライアイのケアとして 目を温めることも有効であり、心地よいと感じる40度ぐらいの蒸しタオルを3分間ぐらい目の上に乗せるのも良いでしょう。それは 目の周囲を温めたり冷やしたりすることで血管を拡張したり収縮するので、目の周囲の血行が良くなり目の疲れを取るのに効果的なのであります。



«   |   »

過去の記事